浮世絵 English small

墨彩画で使用する和紙

墨彩画で使用される和紙は、世界に誇る、「強さ」・「優しさ」・「暖かさ」を備えた画材である。 強い繊維を持つクワ科の植物、コウゾを原料に手すきで作られた和紙、細川紙(埼玉県)、本美濃紙(岐阜県)、石州半紙(島根県)は、2014年11月に、UNESCOの重要無形文化財(遺産)に登録されている。

和紙は長期保存に耐えることができ、文化庁によると、8世紀の美濃国(岐阜県)の和紙が奈良市の東大寺正倉院に残っており、大半の状態は良い。 一般の紙が100年程度で劣化するのに対し、最高級の和紙は1000年以上ももつとされ、世界一長持ちする紙と言われる。

バチカンの世界遺産システィーナ礼拝堂にあるミケランジェロ作、壁画『最後の審判』の修復にも、日本の和紙が活用されている。 近年、和紙は世界でも注目されていて外国ではインテリアやアクセサリーとして人気も高い。 和紙が世界中で愛される秘密として挙げられるのが、その丈夫さであろう。 和紙は木の繊維を残したまま、それを絡み合わせて作るので、より丈夫なつくりとなる。 自然素材だけを使うので化学薬品でくっつける必要もなく、1000年以上たっても劣化しない。

紙漉き(かみすき)の作業中に使うある天然素材・トロロアオイというのオクラの仲間の植物を糊として用いる。 この植物は、水に入れると強い粘液が出る。 普通の紙では、繊維を固めるのに化学薬品で繊維を固めるのに対して、この粘液を糊として用いる事でより丈夫で長持ちする紙となる.

漂白剤などの酸を全く使用していないので、1000年経ても劣化しない。 普通の紙は、陽が当たると黄色くなるが、高級な和紙はより白くなる。 紙パルプから作られる洋紙に比べて、薄くて軽く、暖かみがある。

尚、上記写真の著作権は、8/20/2016の墨彩画ワークショップの場所を提供して下さっている、小津和紙に属します。

Washi,” the traditional handmade paper, was added to UNESCO’s Intangible Cultural Heritage list in Nov. 2104.

The registered products are Hosokawashi from Saitama Prefecture, Honminoshi from Gifu Prefecture and Sekishubanshi from Shimane Prefecture, where craftspeople continue to use traditional techniques to make paper by hand, using only mulberry fiber.

An investigation of Japan’s oldest washi paper, preserved in the Shosoin Repository (of Todaiji Temple) in Nara Prefecture, reveals a collection of many important art and craft works, including a family registry sheet that was handmade in three areas that included Mino Province (now the southern part of Gifu Prefecture) some 1,300 years ago.  In spite of its age, the fibers of this Mino-made paper remain well intertwined, and still maintain a soft, unique feel.

The Last Judgment, fresco (made by the Italian Renaissance master Michelangelo)was restored by this legendary strength of “washi”.

Kozo (paper mulberry) is said to be the masculine element, the protector, thick and strong.  Branches of the kozo are trimmed, soaked, the bark removed, and the tough pliant inner bark laboriously separated, cleaned, then pounded and stretched.

The addition of the pounded fibre to a liquid solution, combined with tororo-aoi (fermented hibiscus root) as a mucilage, produces a paste-like substance when it is mixed.

It is this “paste” which is tossed until evenly spread on a bamboo mesh screen (called a su) to form each sheet of paper.  The sheets are piled up wet, and later laid out to dry on wood in the sun or indoors on a heated dryer.

Acid-Free  Traditionally-made Japanese papers are truly acid-free if they are unbleached and unsized.  Examples of printed papers exist in perfect condition in Japan from 1000 years ago.

Washi is distinguished by its extremely beautiful whiteness, with a soft yet durable quality.  Paper is only designated if it meets requirements such as using only pulp from mulberry trees as its constituent ingredient, using only natural additives, and prohibiting the use of bleach.

Warmth. Literally warmer to the touch than Western papers made of woodpulp, washi feels soft and creates a feeling of warmth in the viewer.  Its tactile qualities make it wonderful for invitations and books.

The copyright of the above photo belongs to Ozu Washi who will provide us with the workshop venue on Aug. 20, 2016.